カメラ初心者に一から教えるカメラ選びの基本

>

アナログからデジタルへ

この記事をシェアする

日常で活躍するコンパクトデジタルカメラ

家電量販店のカメラのコーナーへ行くと、とても多くの商品が並んでいて、目移りしますよね。
どれも素敵なデザインで、よさげに見えます。でも、それほど安い買い物ではないので、慎重に行きたいところです。

まずは自分が、そのカメラでまず何を撮影したいのかをイメージしながら、選ぶといいでしょう。
お子さんやお孫さんの日常風景を撮影したいというのであれば、大きな一眼レフはあまりおすすめできません。
何よりも重たくて、持ち運びに苦労します。とにかくなんでもいいから撮影できればいいというなら、コンデジが1番いいでしょう。
どんなに安いコンデジでも、最低限のものは撮影できます。

そうは言っても、風景をしっかりと撮影して、大きなパネルとして飾りたいという人は、やはり、引き延ばしたら画質の粗が目立つコンパクトデジタルカメラよりも、画質の高い一眼レフやミラーレス一眼を選びたいですね。

デザイン重視のカメラ選びも

撮影時には、可愛い、あるいはかっこいいデザインで、ちょっと気分も上げていきたいもの。
最近では一眼レフも、デザインに力を入れていて、バリエーション的にも増えてきましたが、やはり一般的にはミラーレス一眼やコンパクトデジタルカメラのほうがカラーバリエーションも豊富で、魅力的なデザインのものが多いと言われています。

しかし、昔ながらの武骨で、大きな一眼レフもかっこいいという人が多く、特に女性ユーザーの中で一眼レフが好まれるようになってきているみたいですね。
ですが、なかなか機能性と操作性、色とフォルム、すべてが希望と合致することはないので、何を重要視していて、優先するかを決めておかないとカメラ売り場の前でたっぷりと悩むことになるでしょう。