カメラ初心者に一から教えるカメラ選びの基本

>

一眼レフとミラーレス一眼の決定的な違い

この記事をシェアする

スピードに強い一眼レフ

一眼レフとミラーレス一眼は、画質的には差はそう大きくはありません。どちらも大抵はフルサイズのイメージセンサーを搭載しています(中にはイメージセンサーを小さくして、値段を抑えているミラーレス一眼もあります)

画質が同じとなってくると、コンパクトなミラーレスの方が運びやすくて、便利のように感じます。
ただし、ミラーレスの場合、モニターに写る画面と実際の風景にわずかに時間差が生じるため、例えば、スポーツなどの、動きや一瞬のファインプレイなどを撮影するのには向いていません。
何しろ、プロのカメラマンがスポーツ競技の取材現場で使っているようなカメラです。

子供の運動会にいるお父さんたちの中に、大きな一眼レフの望遠レンズを構えている人が多いのは、そういう理由からでしょうね。

写真のはじまりはコンデジから

実は一眼レフは、ファインダーで覗いたままの風景が、写真として撮影できるわけではありません。
一眼レフの場合、ファインダー越しの風景は、カメラ内部の鏡に映ったものを見ているだけなので、実際の風景を直接、見ているのとほぼ同じ。
ですから、写真に大切な露出やホワイトバランス、被写体深度を確認しつつ撮影することができません。撮らないと、画像が実際どうなるか、わからないのです。
その点、モニターで確認できるミラーレス一眼は強いでしょう。

どれを選んでも一長一短あるカメラ。
初心者ならば、簡単に撮影できるコンデジがおすすめです。

技術革新によりその差は徐々に縮まっています。
そして、画質の差を埋め得るだけの魅力的な機能も、コンデジには満載。
それはきっとあなたの好奇心を満たすでしょう。
そのうえでもっときれいな画質で、写真を撮りたいと思った時、一眼レフやミラーレス一眼に買い替えればいいのではないでしょうか。